2016.11.23.Wed. 4ヶ月前 deKa

名場面には決めセリフ!真田丸の名言集

いよいよNHK大河ドラマ『真田丸』もラスト数回。これまでには数々の名シーンや名セリフがたくさんありましたね。中には流行語大賞では!?というぐらいの名言も!どんな名言があったのか、一緒に見ていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

人気好調の真田丸には名シーンが沢山!

<b>三谷幸喜</b>が12年振りにNHK大河ドラマの脚本を手掛けた、この「真田丸」。時代劇好きの大人だけでなく子どもにもわかりやすく、<b>家族みんなで楽しめる戦国ドラマ</b>になっていますよね。<br><br><b>現代語</b>でわかりやすく、ところどころに<b>コミカルな要素</b>を盛り込み、笑いあり涙もあり。それで<b>しっかり史実は踏まえている</b>。そんな「真田丸」には、<b>心に残る名場面や名言がたくさん</b>ありましたね。<br><br>ほんの一部ではありますが、視聴者の心に響いた名シーンとともに珠玉の名言をご紹介していきますね!

三谷幸喜が12年振りにNHK大河ドラマの脚本を手掛けた、この「真田丸」。時代劇好きの大人だけでなく子どもにもわかりやすく、家族みんなで楽しめる戦国ドラマになっていますよね。

現代語でわかりやすく、ところどころにコミカルな要素を盛り込み、笑いあり涙もあり。それでしっかり史実は踏まえている。そんな「真田丸」には、心に残る名場面や名言がたくさんありましたね。

ほんの一部ではありますが、視聴者の心に響いた名シーンとともに珠玉の名言をご紹介していきますね!

名場面には名言あり!

殿堂入り!?の真田昌幸


「真田丸」で一番おもしろ名セリフを量産しているのは、やっぱり主人公の父 <b>真田昌幸(草刈正雄)</b>でしょう!もう殿堂入りでございます。(笑)昌幸が亡くなった翌日はナレ死担当の有働アナも元気がなかったほどです。(笑)<br><br>第5話「窮地」では本能寺の変により、仕えていた織田信長(<b>吉田剛太郎</b>)を失い、真田家はこれから先どうしようという時に発した、「<b>全くわからん!どうすればいいのかこの父に教えてくれー!</b>」で大ブレイク!その後も数々の名言を残していますので、いくつかご紹介します。

「真田丸」で一番おもしろ名セリフを量産しているのは、やっぱり主人公の父 真田昌幸(草刈正雄)でしょう!もう殿堂入りでございます。(笑)昌幸が亡くなった翌日はナレ死担当の有働アナも元気がなかったほどです。(笑)

第5話「窮地」では本能寺の変により、仕えていた織田信長(吉田剛太郎)を失い、真田家はこれから先どうしようという時に発した、「全くわからん!どうすればいいのかこの父に教えてくれー!」で大ブレイク!その後も数々の名言を残していますので、いくつかご紹介します。

皆の衆、えらい事になった


第16話「表裏」では、徳川家康(<b>内野聖陽</b>)への裏切り行為がバレて、徳川が大軍を率いて真田征伐に乗り出すという情報を仕入れた昌幸が、みんなを呼んで言ったセリフでしたね。<br><br>流行語大賞へのノミネートも期待されたぐらいでしたね。「真田丸」での名言のおかげで、昌幸演じる<b>草刈さんの人気が若者世代で急上昇</b>し、草刈さんもえらい事になってましたよ。(笑)

第16話「表裏」では、徳川家康(内野聖陽)への裏切り行為がバレて、徳川が大軍を率いて真田征伐に乗り出すという情報を仕入れた昌幸が、みんなを呼んで言ったセリフでしたね。

流行語大賞へのノミネートも期待されたぐらいでしたね。「真田丸」での名言のおかげで、昌幸演じる草刈さんの人気が若者世代で急上昇し、草刈さんもえらい事になってましたよ。(笑)

では、おのおのぬかりなく



昌幸と息子で主人公の真田信繁(幸村)(<b>堺雅人</b>)が、家康から蟄居を命じられ、九度山村に行くことになった時に、昌幸が家臣に対して言ったセリフですね。最後まで身内を大事にするよ良きパパでした。<br><br>この第37話「信之」では、真田信幸(<b>大泉洋</b>)が真田の”幸”の字を捨て”信之”と改名したこともあり、<b>真田家が分裂してしまった悲しい回</b>でしたから、余計にこのセリフがぐっときましたよ。<br><br>そして時を経て、第45話「完封」で<b>幸村が同じセリフと言った</b>時は、真田丸ファンはみんな号泣!昌幸パパの血をしっかり引いて、立派になった源次郎(幸村の輩行名)、カッコよかったです!

昌幸と息子で主人公の真田信繁(幸村)(堺雅人)が、家康から蟄居を命じられ、九度山村に行くことになった時に、昌幸が家臣に対して言ったセリフですね。最後まで身内を大事にするよ良きパパでした。

この第37話「信之」では、真田信幸(大泉洋)が真田の”幸”の字を捨て”信之”と改名したこともあり、真田家が分裂してしまった悲しい回でしたから、余計にこのセリフがぐっときましたよ。

そして時を経て、第45話「完封」で幸村が同じセリフと言った時は、真田丸ファンはみんな号泣!昌幸パパの血をしっかり引いて、立派になった源次郎(幸村の輩行名)、カッコよかったです!

番外編:室賀正武「黙れ、小童!」



流行語大賞にノミネートされなかったことで、ネットが騒然としたぐらい、2016年にヒットしましたよね。<b>西村雅彦演じる室賀正武</b>が、信幸に向かって何度も言ったセリフでした。<br><br>言われた時の信幸の顔は本当に見ものでしたね。(笑)”黙れ小童せんべい”までできるほどの大人気だったのに、<b>ノミネートを逃したのは本当に残念</b>としか言いようがありません。<br><br>さて、有名な名セリフはこのぐらいにして、次に、涙なしでは決して語れない、感動の名シーンから飛び出した名言をご紹介しますね!

流行語大賞にノミネートされなかったことで、ネットが騒然としたぐらい、2016年にヒットしましたよね。西村雅彦演じる室賀正武が、信幸に向かって何度も言ったセリフでした。

言われた時の信幸の顔は本当に見ものでしたね。(笑)”黙れ小童せんべい”までできるほどの大人気だったのに、ノミネートを逃したのは本当に残念としか言いようがありません。

さて、有名な名セリフはこのぐらいにして、次に、涙なしでは決して語れない、感動の名シーンから飛び出した名言をご紹介しますね!

名シーンを彩った名言たち

・・・ここまででござる


第24話「滅亡」で<b>北条氏政(高嶋政伸)が残した名言</b>です。小田原城の戦いで豊臣秀吉(<b>小日向文世</b>)に降伏し切腹を言い渡された氏政。理不尽な秀吉の仕打ちに、家康、昌幸、上杉景勝(<b>遠藤憲一</b>)が氏政の元を訪れました。<br><br>お互い敵同士だった戦国武将が、氏政を死なせまいと集まったのですよ!類を見ない友情物語ではないでしょうか。再三の説得にも耳を貸さない氏政に家康が、「ここまででござるか・・・?」と涙ながらに聞きました。<br><br>そして「<b>・・・ここまででござる</b>」と。氏政も三人の気持ちがすごく嬉しかったでしょうね。ただ、すでに気持ちは固まっていたのでしょう。晴れ晴れとした表情で氏政が最後を迎えた時は、視聴者は大号泣でした!<br>

第24話「滅亡」で北条氏政(高嶋政伸)が残した名言です。小田原城の戦いで豊臣秀吉(小日向文世)に降伏し切腹を言い渡された氏政。理不尽な秀吉の仕打ちに、家康、昌幸、上杉景勝(遠藤憲一)が氏政の元を訪れました。

お互い敵同士だった戦国武将が、氏政を死なせまいと集まったのですよ!類を見ない友情物語ではないでしょうか。再三の説得にも耳を貸さない氏政に家康が、「ここまででござるか・・・?」と涙ながらに聞きました。

そして「・・・ここまででござる」と。氏政も三人の気持ちがすごく嬉しかったでしょうね。ただ、すでに気持ちは固まっていたのでしょう。晴れ晴れとした表情で氏政が最後を迎えた時は、視聴者は大号泣でした!

俺は家康と氏政の友情に半端ない美しさを見た。 #真田丸

わしがおぬしを勝たせてみせる!



話題になった”<b>超高速関ケ原</b>”の戦い前に、石田三成(<b>山本耕史</b>)が<b>大谷吉継(片岡愛之助)</b>に助けを求めに行きました。頼れるところが他になく、<b>藁をもすがる思いだった三成に吉継が語ったセリフ</b>でしたね。<br><br>吉継は病魔がむしばむ中、友である三成のために加勢します。それだけでも涙ですね。劣勢で負けるかもしれないとわかっていても、何としても勝たせてやるという吉継の思いに、三成も視聴者もみんな涙が止まりませんでした!<br><br><b>三成(治部)と吉継(刑部)の友情物語をスピンオフで</b>、という声もネットで上がるぐらい盛り上がっていましたよ。もう少しスローな関ケ原も見てみたいですしね!(笑)

話題になった”超高速関ケ原”の戦い前に、石田三成(山本耕史)が大谷吉継(片岡愛之助)に助けを求めに行きました。頼れるところが他になく、藁をもすがる思いだった三成に吉継が語ったセリフでしたね。

吉継は病魔がむしばむ中、友である三成のために加勢します。それだけでも涙ですね。劣勢で負けるかもしれないとわかっていても、何としても勝たせてやるという吉継の思いに、三成も視聴者もみんな涙が止まりませんでした!

三成(治部)と吉継(刑部)の友情物語をスピンオフで、という声もネットで上がるぐらい盛り上がっていましたよ。もう少しスローな関ケ原も見てみたいですしね!(笑)

うーん、既に数多くの作品で腐女子の餌食になっている古典的題材ではあるけど、申し訳ないが真田丸の治部と刑部の友情をBL扱いするのはNG #真田丸

私は決めた!


有名な”<b>犬伏の別れ</b>”での名言です。いつもは昌幸が「わしゃぁ決めた!」と言っていましたが、犬伏では<b>信幸兄さんが決めてくれました</b>。信繁も思わず男泣き、真田家にとってはとても辛い選択でしたね。<br><br>子どもが親を越えていく、巣立ちのようなニュアンスも感じられた犬伏のシーン、本当に感動でした!この回の信幸は、名言も含めてカッコいいし頼れるアニキという感じでしたね。他ではコメディ色満載ですが。(笑)

有名な”犬伏の別れ”での名言です。いつもは昌幸が「わしゃぁ決めた!」と言っていましたが、犬伏では信幸兄さんが決めてくれました。信繁も思わず男泣き、真田家にとってはとても辛い選択でしたね。

子どもが親を越えていく、巣立ちのようなニュアンスも感じられた犬伏のシーン、本当に感動でした!この回の信幸は、名言も含めてカッコいいし頼れるアニキという感じでしたね。他ではコメディ色満載ですが。(笑)

何週遅れてんだよって感じだけど真田丸犬伏回おにーちゃん最高にかっこいい泣いた

日の本一の兵!真田左衛門佐!


こちらも涙が!クライマックス間近の大坂冬の陣で、徳川勢として真田丸を攻めるよう家康から命を受けた<b>景勝が、幸村の素晴らしい戦いぶりを見て思わず口にしたセリフ</b>でしたね。<br><br>景勝は、人質として受け入れていたこともある幸村をとても気に入っており、敵として戦いたくないという思いがありました。”義”を重んじるやさしい御屋形様ですからね。(笑)このセリフ後の安堵の笑顔が堪りませんでした!

出典: dramabox.jp

こちらも涙が!クライマックス間近の大坂冬の陣で、徳川勢として真田丸を攻めるよう家康から命を受けた景勝が、幸村の素晴らしい戦いぶりを見て思わず口にしたセリフでしたね。

景勝は、人質として受け入れていたこともある幸村をとても気に入っており、敵として戦いたくないという思いがありました。”義”を重んじるやさしい御屋形様ですからね。(笑)このセリフ後の安堵の笑顔が堪りませんでした!

「日本一のつわもの!真田さえもんのっけぇぅぅ!」もうセリフも乱れて、顔も喜びでクシャクシャの上杉景勝様に泣けた。 #真田丸

まとめ

我こそは真田左衛門佐幸村!

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。いかがでしたか?最後はやっぱり幸村の名言です。<b>大坂冬の陣で初めて名乗り口上した時の幸村のセリフ</b>ですね。カッコよかったですし、思わず涙が!<br><br>立派になった幸村が、ラストに向けて花を咲かせます。放送では冬の陣が終わりに差し掛かり、いよいよクライマックス夏の陣に突入します。これからの放送でも名言が飛び出すかもしれませんね。最後まで目が離せませんよ!

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました。いかがでしたか?最後はやっぱり幸村の名言です。大坂冬の陣で初めて名乗り口上した時の幸村のセリフですね。カッコよかったですし、思わず涙が!

立派になった幸村が、ラストに向けて花を咲かせます。放送では冬の陣が終わりに差し掛かり、いよいよクライマックス夏の陣に突入します。これからの放送でも名言が飛び出すかもしれませんね。最後まで目が離せませんよ!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する

6275
1