2016.11.12.Sat. 5ヶ月前 ろこもこ

【スニッファー】第4話感想 新興宗教の後継者争いで悲劇が!華岡の嗅覚が悲しい偶像を見抜く!!

とある宗教施設の中で謎の殺人事件が起き、教祖である照子は旧知の華岡を呼び出し事件の解決を依頼する。しかし更に事件が発生し華岡は何者かに命を狙われる…!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

【スニッファー】第4話 あらすじ

ある宗教施設の中で、教団の女性幹部が殺される事件が起きた。教祖の徳大寺照子(黒木瞳)は、旧知だった華岡を呼び出し、教団に潜む裏切り者を嗅覚で捜し出すように依頼する。そんな中、さらなる事件が教団の内部で起き、達郎たち警察も本格的な捜査に乗り出す。どの殺人現場にも残されている謎の植物の香り、その正体を突き止めようとする華岡だが、何者かに命を狙われる…。

引用元:公式サイトより

【スニッファー】第4話 感想・ダイジェスト


怪しげな新興宗教……TRICKか!何故BESTを尽くさないのか! #スニッファー

「(達郎)真愛教団の教祖、徳大寺照子。」


「(山形)教祖様あちらにお願いします。」


「全国30万人の後継者でしょ。ゾクゾクするね。」


「(石垣)各員必ず何らかの動きがあるはずだ。新たな情報が入るまで注意を怠るな。」


「あれ?何か見た事ない?この人。」


「お久しぶり」ということは華岡と教祖様は過去に何かあった? #スニッファー
某ドラマのせいで、黒木瞳が怪しい人にしか見えないw #スニッファー
果てしなくうさんくさいセット作り込んでるなあ #スニッファー

「(華岡)どうも。また随分古めかしい格好ですね。」
「後継者を指名する大切な儀式だったから。」


「どうでしょう。…で何を?」


新興宗教が舞台だと阿部寛が上田にしか見えない #スニッファー

「大垣葉子。うちの教団のナンバー2。1時間前この山形が発見した。あなたの流儀に従って調べて。犯人を見つけてほしいの。」




「犯人は男性喫煙歴なし。あとインスリン溶液の匂いがする。糖尿病でインスリン注射をしてる。ビニール紐で絞殺首を絞められてる。ん?」


糖尿は露骨ににおいでわかりそうだね #スニッファー

「この匂い…これは10年前と同じ匂いだ。」


「(松平)知りません。なぜ私が…。」


「警察だ。全員動くな。大垣葉子に対する殺人容疑で署まで来てもらう。連れてけ。」


さっきから気になってたんだけど神保さんって前から出てたっけ #スニッファー

「(美里)もう…。」


(恵美)「やっぱり
また勝手に泊まってる!
あの人出しなさい!
あの人を!
もう来たら…」


「一応私が何で生まれてきたかっていうアイデンティティーにも関わってくるんだけど。」


「耳鼻科の女医さんらしいよ今つきあってるのって。」


美術館に一緒に行ったけど、すぐ振られましたーw #スニッファー

「(美里)あれ?お父さんまたテレビに出てるよ。」


メディアの前で謝罪させられたり逮捕されたりと大変だなw #スニッファー

「唾を飛ばすな。プライベートだ。言う必要はない。」


「得意の根回しでやり過ごせばいいだろ。根回しと皿回しは得意だろ。」
「やった事ありません皿回しなんて!」


「全ては神のおぼし召しです。」


「思いは必ず通じるっていうストーカー的な発想が受けてんじゃないの?ストーカー多いから。」



「ここ数年では国家転覆を掲げてるなんて噂もあってずっと公安がマークしてました。」


「大垣葉子の遺体には分からない匂いがあった。俺の辞書に分からない匂いという言葉はない。」


車のナンバーは「870」ハナ(鼻)マルなのねw #スニッファー

「俺も好きだからね言っとくけど!」


振り回されるポジションの香川照之はどうしてこう可愛いのか #スニッファー

「ここだ。教団の資金源にもなってる強壮剤の製造工場だ。」



匂い嗅いでるだけのシーンなのにカッコよく見える #スニッファー
#スニッファー 真面目な顔をしながら鼻に鼻栓外し器を突っ込む華岡かっけえ(^^;)

「やっぱりあの匂いだ。」



「犯人は40前後の男性。インスリン溶液の匂いがするから糖尿病の疑いがある。」



「公安からのとっておきの情報だ。教団ナンバー3で殺された大垣葉子の用心棒だった男が数日前から行方がつかめてない。この男が犯人なんじゃないか?」


「ああ…この男だ。」


「また同じ匂いだ…。」


「どうして釈放を!?」
「(上辺)殺された大垣葉子の死亡推定時間には幹部全員にアリバイがあったの。」


「あっでも君は頑張って成果を上げてね。死ぬ気で行ってよ。」



「井口まで殺されていたとは…。」
「一体誰が?」


「そんな…なぜ私が大垣先生を!?」


「いやあの探偵を使う。あの男を使って裏切り者を割り出す。」



「違う。違う。」


「あいつこんな所に食い物入れやがった。全く…。」


「全く、、、」というセリフ、完全に桑野信介。 #スニッファー

「誰だ?お前。」
「教団に関わると命はないぞ。」


最近携帯の着信はバイブが多くなったねドラマじゃあ #スニッファー

「多分です多分。ですからその…もう関わり合いにならない方がいい。これ以上親密になると先生の命の保証はできません僕も。」


「私はあの鼻を信じています」人間性はヤバイけど、鼻(の性能)だけは信用出来る男・華岡。 #スニッファー

「とりあえず今後の対策について一度じっくり話し合いましょう。何系がいいですか?和食?イタリアン?予約入れますね。」


「あのこれお詫びに先生の大好きな例のチョコです。」


「ああ。多分教団関係者だ。俺の命の保証はないと。」
「それはありがたい…じゃない、それはまずいな。」


「ちょっと待ってよ。俺は死んでも構わないっていうの。」


「はい。…え?」


達郎ちゃんがボディーガードて! 頼りないよw #スニッファー

別れてるなら関係ないのに、なぜきた元奥さん #スニッファー
教団の人が来たのかと思ったら、こっちだったww恐い事には変わりないw #スニッファー #スニッファー嗅覚捜査官

「すみませんお待たせ致しました。初診の方ですね。」


「うわ…臭っ。はあ…駄目だ。臭すぎる。」


「分かるのはインスリン溶液の匂いぐらいだ。」


「犯人が糖尿病なのは間違いない。信者のカルテ取り寄せられないのか?」


「それは私が大垣先生と反りが合わなかった事を気にされておられるのですか?私が教祖様の教えに背くような事をするはずがありません。」


これお互いにお互いを疑いあって殺しあってるって可能性ないかな #スニッファー
もしかして加藤虎之介と水橋研二?いかにも怪しい感じ。 #スニッファー

「(照子)あなたたちも気を付けなさい。」



「10年前フィールドワークの一環と研究費稼ぎで探偵の仕事を始めました。その最初の仕事があの教団だった。」
「それで信者に?」


「いや当時はねまだ今のような過激な教団じゃなかった。ごく普通の牧歌的な団体だった。油断した。」


「誰かに狙われてると?」
「(門口)ああ。だからこんな所に来てもらった。ここが一番安全なんだ。誰が狙ってる…。」


「うう…。」


「その男は当時教団の金庫番といわれていた男で照子の後釜を狙ってるという噂があった。」


「自殺か他殺か結局不明と処理されたがあれは他殺ですよ。」


「とにかくね分からない匂いほど気になるものはないね。」


「目に見えないからこそ引かれるんじゃないですかね?恋愛と一緒で。」


いちいち匂い嗅がれるの嫌。 #スニッファー

「愛は勝つ思えばかなうってあの教えだろ?いい教団じゃないか。」


「インチキだよあんなの!」


「目を覚ませよ母ちゃん!こんなものが効くなら今頃俺結婚してるよ!」
「あら~それもそうだね。」
「しっかりしてよ…。」



「あんたの言ってる匂いってただの草でしょ。そんなの道端歩いてたら誰からでもするじゃない!」


「…ってか寝られないよ!こんなの着てちゃ。」


「左耳が聞こえにくいとの事でしたけれどもやはりストレス性のものじゃないかと思われます。」


先生は何で華岡なんぞに惹かれてしまってるのか……そんなに他に周囲にまともな男がいないのか……。 #スニッファー

「そうですね…強いて言えば前の夫の事でしょうか。」


「分かりません。そもそも何で結婚したのか分からないんです。同じ会社にいて飲み会で飲んでその勢いで…。やだ何言ってんだろ。」


「「君からいい匂いがする」って言ったんですよ。「僕にもよく分からない特別な匂いだ」って。彼特別鼻がよかったんです。」


「先生は気になる方とかいらっしゃるんですか?今。」


「危なっかしいなあと思う人はいます。それでちょっと目が離せない。そういう人はいますね。」


井川遥という癒し系と言われてるんだけどアグレッシブな美女 #スニッファー

「今から草でも食べるんじゃない?」
「変な人ですね。」


「そうなんだよ変なんだよ。」



「確保!」


「すいません…。そうとは知らずに…すいません。あのこれほとんど溶けちゃいましたけどこれで勘弁して…ですよね。」


「分かるでしょ。真相が暴かれるのを恐れた真犯人の犯行ですよ。」


匂いがアイデンティティとはわかりやすい #スニッファー

「これ?ああ…。信者がつけるお守りです。中には薬草が入ってて教団の外に出る時は守護霊代わりに身につけるんです。」


おまもりの薬草か…自分でオリジナルブレンドできるなら、犯人特定早そうだけど… #スニッファー

「月桂樹にシソにミント…。」


「これだ。この匂いを嗅げば犯人が分かるぞ。」


(「照子)華岡さんでしたね。匂いでそんな事まで分かるの?」



「ふっ…。いえ何も匂いませんね。そもそも愛なんてものに匂いはありません。」


10年前は「愛なんてものに匂いなんてない」と言い切ってたのか。この時の経験から感情の匂いの研究を始めたのかな。 #スニッファー

「教祖は何を血迷ってるんだ。このままじゃこの教団は破滅するぞ。」


「何だ?何しに来た。」


「まさか山形が公安の犬だったとはね。お見事。日本の警察もなかなかやるじゃない。」


「明日正午幹部をそろえた。だから来てあの工場に。ただしあなた一人で。その鼻が必要なの。」


「あのさ「事故が起こっても当局は一切関知しませんからそのつもりで」って一筆とった?」
「あのね…。」


「あんたが一番心配なんだよ。」


「あんたが一番心配なんだよ」 聞きました!?「あんたが一番心配なんだよ」って!!!!(床バン #スニッファー
このドラマは割と機動隊や特殊部隊がスタンバってて楽しい #スニッファー #nhk

「うわっ!ああ~っ!うっ…!」


「何すんだ!?」
「黙れ!」


まさかと思ったらガチで押し込まれたけど その後の展開が全然予想できなかったww 何あのスライダーwwww #スニッファー

「華岡!華岡!これちょっと音声途切れてるよ!どうなってんだ!?」


このドラマの野間口さん、勝村さんっぽいキャラクターだな~。 #スニッファー #nhk
だから発信器はパンツの中に仕込んでおけとあれほど……。 #スニッファー

「突入だ!」


「どこへ行く気だ?一体どこに!?」


「(黒野)電源切られてます。特定できません!」


「急げやつの命が危ないぞ!」


「(黒野)あっここです!羽田本町3丁目!」




「あなたがこいつと組んで大垣葉子を殺したのは分かっています。」


「バカな事を…。ほどきなさいこの男も。」


「(北野)それがいま一度身体検査をしたところこの男の後ろのポケットからこんなものが。」


「これは青酸カリでは?」


「やはり10年前の事件も貴様の仕業か。それをやらせたのはあなただ!」


誰か黒幕がいてこの幹部さんも騙されてるんだなあ #スニッファー

「教団内のもめ事につきあわされるのは御免だ。縄をほどいてくれ。そうすれば犯人を見つけてやる。」


「あんただって知りたいだろ真犯人を!いいから嗅がせろ!」


「匂う。匂うぞ…。犯人の匂いだ。」


「火だ。火であぶられて薬草の匂いがより揮発してるんだ。」


「誰?犯人は。」
「あの男の方から匂いが来る。」


「あんたの持ってるそのお守りから匂いが来る。」


はじめから黒木瞳が犯人だと思ってた。違ったのか。 #スニッファー

「そして甘い花のような匂い…。そうかティアレだ!タヒチに咲く白い花の香り。恋人同士が使う香水の一種だ。10年前の事件もこの匂いがしてた。」


10年前嗅いだ匂いまで覚えてる!嗅覚以上に記憶力すごい!! #スニッファー

「嘘だ。何を言ってる。さあ早くこの男を殺せ!」


「神代…なぜお前が?」


「動くな!全員拉致監禁の容疑で現行犯逮捕だ!」


「あの女の…大垣葉子の愛がいけないんだよ。」


「何度も言わせるな。すまんで済んだら警察は要らん。」


ソーリー!!!!!!wwwwwwwwww  #スニッファー
すまんがダメだからソーリーwwwwあかんwww #スニッファー

「大垣葉子は美貌を武器に男を手玉に取って教団内でのし上がった。そして邪魔になると自分を慕う神代を使って始末させてた。10年前の事件の時もここ何年かの幹部失踪も…。」


「(葉子)私の事も考えてね。」
「それを決めるのは教祖様だ。」


「彼女が身につけていたのはティアレの香り。神代はあろう事かそれを自分のお守りにも入れてた。」


「(照子)人は何で神を求めるのか…。それは…神なんていないから。」


「30歳の時重い病気にかかり死を宣告された。全てがバカらしくなってたまたま本で見た占いのまね事を始めたの。治療費稼ぎのただのインチキ。」


「みんな物語が欲しいのね。自分の物語が。」


みんな物語が欲しいのね って、分かる。とても分かる。 このドラマ本当所々に 心にグサッとくるセリフ入れこんでくるよねえ #スニッファー

「医者は言ったの「神が起こした奇跡だ」って。ハハハッ…笑っちゃうでしょ。」


「だけどやがてみんな好き勝手始めた。そしたらまた病気も再発したの嘘みたいに。」


「それであなたから強い抗がん剤の匂いがしたんだ。」


抗がん剤の匂いってあるのか、、、前にがん細胞の匂いがするからやたら犬がなつくってドラマを見た気がするけど、、あれなんだったっけな。 #スニッファー

「フフッフフフフッ…。羨ましいわあなたが。」


「物語なんて全然信じてないのね。」


「人生の最後にあなたにまた会えてよかった。」


「また会いましょう。」


ここで 「また会いましょう」 って言える華岡さん 心までイケメンだな!!!!最高!!!! #スニッファー

「僕には分かりませんね。神代はなぜ好きな女の匂いに包まれ言われるがままに殺人を重ねたのか。そしてその女を殺したのか。」


「恋の匂いなんじゃないですか?」


「絶対に鼻栓外さないで下さいよ。」
「ハッハッハッハッ。」


ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する

6105
1